これってもしかして性病?気になったら調べてみよう!
>>した行為から必要な検査を調べてみる! 行為から検査項目を調べる
>>男性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒)自宅検査の方法 男性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒)自宅検査
>>女性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒・トリコモナス・カンジダ)自宅検査の方法 女性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒・トリコモナス・カンジダ)自宅検査

2008年02月27日

クラミジアの予防1

クラミジアは性行為全般で感染します。
ではなぜ100万を超えると言われるまで感染が広がっているのでしょうか?おもに、セックス、オーラルセックスなどの性行為で感染します。
特に最近の特徴として、オーラルセックスによる口からの感染が増えているのが特徴のようです。

このような場合、喉の粘膜などにクラミジアが感染するのが特徴です。
また、出産時の母子感染もあり、生まれた子供が結膜炎にかかったりもします。

クラミジア菌はおもに粘膜に住んでいて、粘膜同士が触れ合うことで感染していきます。
また、外の世界では生きられず、人や動物の体内体でしか生きられないので粘膜同士が接触するセックスで感染するのです。

性病に感染する場所としてまず思いつくのは性風俗店ではないでしょうか。
特に、性風俗店で働く女性の喉にクラミジアが感染し、フェラチオなどの行為を通して感染が広まっていくケースが非常に多いようです。

また、性の低年齢化によって10代でこうしたクラミジアなどの性感染症に罹る割合が高くなっています。
10代で感染した場合の一番の問題点は受診率の低さです

知識の低さもあるのでしょうが、クラミジアを軽く考えたり、病院へ行くことへの抵抗感が強いため、感染しても放置しているケースが多く見受けられます。そのため症状が重くなったり、クラミジアなどの性感染症を蔓延させる原因にもなっています。

不特定多数の人とのセックスを避ける、またセックスの時にはコンドームを使用することが大事な予防になります。
もしかして…気になったら調べてみよう!
>>した行為から必要な検査を調べてみる!
行為から検査項目を調べる
>>男性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒)自宅検査の方法
男性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒)自宅検査
>>女性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒・トリコモナス・カンジダ)自宅検査の方法
女性用(クラミジア・淋病・HIV・梅毒・トリコモナス・カンジダ)自宅検査




【関連する記事】
posted by sakurabo at 14:42| クラミジアの予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。